色合い

オリーブオイルは淡い黄色から深い緑色まで、実に様々なトーンの色が存在します。 その色合いを決定付けるのは、オイルを作るときに使われるオリーブの品種です。とはいえ、収穫時のオリーブの実の熟成度も色合いを左右する重要なポイントになります。

オリーブの実の果汁ですから、各オリーブオイルの味は異なります。 オイルの味を左右するもの:オリーブの実の種類、収穫時における熟成度、オリーブ畑の土壌、オリーブ栽培地の気候

苦味について

苦味の度合いは辛味同様それぞれ異なりますが、エクストラ・バージン・オリーブ・オイルの味の特徴の一つです。

酸度とは?

オリーブオイルの化学特性の一つで、オリーブオイルとエクストラ・バージン・オリーブ・オイルといった商業上の分類を決定するのに役立ちます。

揚げ物に最適

高温加熱しても成分が安定しているため、オリーブオイルが最も威力を発揮する調理法の一つは揚げ物です。 油の温度が高温に達すると(180度)、食材のまわりにカリカリの膜を作り、油が内部に染み込むのを防ぎます。そのため、サクッとジューシーな揚げ物が出来上がるのです。

オリーブオイルは健康にいい

不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富です。私達の食事の飽和脂肪酸を不飽和脂肪酸に変えて、血中コレステロールのレベルを正常に保つサポートをします。 さらに、ビタミンEやポリフェノールといった自然の抗酸化剤が豊富です。